Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Googleニュース開始で「河北新報」サイトのアクセス増〜NetRatings調査


 ネットレイティングスは26日、2004年9月度のインターネット利用動向調査結果を発表した。グーグルが9月1日に提供を開始したサービス「Googleニュース日本語版」の利用状況がとりまとめられている。

 同調査は、ネットレイティングスが提供するインターネット利用動向調査サービス「Nielsen//NetRatings」における、家庭のPCからのアクセスを調べたデータに基づいたもの。これによると、9月にGoogleニュース日本語版を利用した人は102万7,000人で、国内のインターネット利用者の2.8%が利用したことになるという。すでにGoogleニュースを開始していた国の中では米国の313万2,000人に次ぐ規模で、利用率では米国の2.3%を上回っている。

 Googleニュースにリンクされているニュースの中で最も多く読まれたのは「NIKKEI NET」の記事で、Googleニュースの利用者の14.0%がNIKKEI NETに流入していた。流入率は以下、「asahi.com」が12.9%、「nikkansports.com」が8.5%、「デイリースポーツonline」が5.8%、「ロイター」が5.4%と続いている。

 また、流入率が4.4%で8位に入っている「河北新報」は、9月の全訪問者22万4,000人のうち21%がGoogleニュース経由だったことがわかった。ネットレイティングスでは、ブロック紙や地方紙のWebサイトのアクセス増加にGoogleニュースが貢献したとしている。このほか、ロイターについても9月の利用者の36%がGoogleニュース経由で占められ、両サイトへのアクセスを伸ばす原動力になったとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://csp.netratings.co.jp/nnr/PDF/Newsrelease10262004_j.pdf

関連記事
「Googleニュース」が日本でもスタート〜ニュースソースは600サイト以上(2004/09/01)


( 永沢 茂 )
2004/10/26 15:57

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.