Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Microsoft、メール送信元認証「Sender ID」をIETFに再提出〜AOLも支持を表明


 米Microsoftは25日、電子メール送信元認証技術「Sender ID」について修正を加えた新バージョンをIETFに提出したことを明らかにした。これに伴い、米AOLがSender IDの新バージョンについて賛同する意向を表明している。

 Sender IDの新バージョンでは、同じ電子メール送信元認証技術である「Sender Policy Framework」(SPF)との互換性を保証するために仕様の一部を変更した。また、IETFで問題とされた、Microsoftが開発したPurported Responsible Address(PRA)による認証が義務付けられていた点を、他の認証方式も選択できるように変更した。

 これに伴い、米AOLは25日、今回の仕様変更によりSPFとの互換性が確保されたとして、Sender IDに賛同する意向を表明した。AOLではすでにSPFの導入テストを行なっており、Sender IDは元々はMicrosoftが開発した「Caller ID」とSPFを統合した技術だが、SPFとの互換性が十分でないことなどから、Sender IDを支持しないことを9月に発表していた。


関連情報

URL
  ニュースリリース(Microsoft、英文)
  http://www.microsoft.com/presspass/features/2004/oct04/10-25SenderID.asp
  ニュースリリース(AOL、英文)
  http://media.aoltimewarner.com/media/cb_press_view.cfm?release_num=55254241


( 三柳英樹 )
2004/10/26 16:42

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.