Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

デスクトップ画像をWinnyで流通させる正体不明のウイルス

〜ネットエージェント杉浦氏「開発者はほぼ特定」

 10月下旬から新種のトロイの木馬がWinny上で感染を広げている。感染したPCのデスクトップ画像などをWinnyによって流通させるもの。Winny上のファイル共有者を特定するソフトなどを開発するネットエージェントの杉浦隆幸代表取締役社長によれば、現在までにユーザー名ベースで「50件程度感染しているのではないか」という。

 ネットエージェントでは、10月24日にこの正体不明のトロイの木馬型ウイルスをWinny上で発見。その後の調査により、10月22日にウイルスが発生したことが判明した。さらに、杉浦氏は「感染経路などにより、開発者もほぼ特定している」ことも明らかにした。

 また、感染状況については「すでに終息に向かっている」と前置きした上で、これまでユーザー名ベースで「50件程度感染しているのではないか」と推測した。Winny経由で感染を拡大するウイルスとしてはこれまで「Antinny」などが知られている。

【18:30 追記】

 なお、トレンドマイクロやシマンテックでは11月初旬にこのウイルスを認識。詳細については不明だが、トレンドマイクロでは「WORM_ANTINNY.P」、シマンテックでは「W32.SillyP2P」とし、それぞれウイルス定義ファイル上の対応は完了済みだという。


関連情報

URL
  ネットエージェント
  http://www.netagent.co.jp/
  トレンドマイクロ
  http://www.trendmicro.com/
  シマンテック
  http://www.symantec.com/region/jp/
  関連記事:Winnyを経由して感染するウイルス「Antinny」特集
  http://internet.watch.impress.co.jp/static/index/2004/04/09/antinny.htm

関連記事
ネットエージェント、Winny上のファイル共有者を特定するソフトを開発(2004/05/13)


( 鷹木 創 )
2004/11/08 15:04

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.