Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Windows XP SP2に10件の脆弱性〜米FinjanがMicrosoftに報告


 米セキュリティベンダーのFinjan Softwareは10日、Windows XP SP2に深刻な脆弱性が10件発見されたと発表した。同社ではすでにMicrosoftに連絡しているという。

 詳細は不明だが、これらの脆弱性を悪用した場合、攻撃者がリモートからローカルファイルにアクセスできてしまったり、Internet Explorerのセキュリティゾーンを操作して、ダウンロードしたコードの権限を昇格できてしまうという。また、Windows XP SP2の警告メカニズムを回避し、警告が表示されることなくファイルをダウンロードできるとしている。

 脆弱性の技術的詳細についてFinjanでは公開しない方針だ。脆弱性情報を利用することで、悪質なウイルスが作成される恐れがあるためで、Microsoftのセキュリティ修正プログラムが提供され、完全に適用されるまでは詳細は公開しないとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.finjan.com/company/NewsRoom/press_show.asp?press_release_id=165

関連記事
Windows XP SP2、国内で1,000万ダウンロード達成(2004/11/11)


( 鷹木 創 )
2004/11/12 19:25

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.