Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

P2Pファイル交換ソフトはわずか15行のコードで書ける〜米大学教授が実証


 コンピュータセキュリティを研究している米プリンストン大学のEdward Felten教授が、わずか15行のソースコードで成り立っているP2Pファイル交換アプリケーション「TinyP2P」を公開した。

 TinyP2Pのソースコードは、Felten教授が運営している個人サイト「Freedom to Tinker」で公開されている。スクリプト言語のPythonで記述されており、コメント部分を除いて15行しかなく、各行も80桁以下になっている。

 Felten教授はこのようなアプリケーションを開発した経緯について「P2Pアプリケーションを規制する難しさを実証するために、TinyP2Pを書いた。P2Pアプリケーションは非常に簡単に開発でき、普通の技術を持つプログラマーは誰でも書くことができる。こうしたものの創造を禁止する試みは実を結ばないだろう」と説明している。TinyP2Pは、実際にファイル交換を行なうためのアプリケーションというよりは、コンセプトを実証するためのアプリケーションであると考えられる。

 さらにFelten教授は、TinyP2Pを作った理由が著作権侵害を推奨するためではないとしており、むしろ著作権侵害に断固反対する姿勢を明確にしている。実際、このアプリケーションは本来ならより高速かつ安全にすることもできるが、そうするためにはより多くのコードを書かなければならないだろう。

 Felten教授はこれまでさまざまなセキュリティホールを発見したほか、著作権保護ソフトの弱点を明らかにしたり、著作権法やP2Pアプリケーションがもたらすメリットとデメリット双方について関心を持ち、洞察を書き続けてきている。


関連情報

URL
  TinyP2Pのソースコードと説明(英文)
  http://www.freedom-to-tinker.com/tinyp2p.html


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2004/12/16 11:59

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.