Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

goo検索ランキング、複数のカテゴリで“韓流”が上位ランクイン


 NTTレゾナントが運営するgooは17日、2004年の検索キーワードランキングを発表した。ランキングは、2004年1月1日から11月30日までにgooの検索エンジンで入力されたキーワードを7カテゴリで集計している。

 発表によると、総合ランキングのトップ3は2003年と変わらず1位「YAHOO」、2位「2ちゃんねる」、3位「Google」。4位から10位までは「楽天」「NHK」「JAL」「壁紙」「ドコモ」「地図」「ANA」となっている。20位までを見ると、12位に「冬のソナタ」、15位に「ペ・ヨンジュン」がランクインするなど、“韓流ブーム”の影響が見受けられる。

 人名ランキングでは、男性トップが「ペ・ヨンジュン」。2位以下は「香取慎吾」「ORANGE RANGE」「パク・ヨンハ」「イ・ビョンホン」と続くなど、“韓流”が上位を占める結果となった。女性は1位「細木数子」、2位「井上和香」、3位「熊田曜子」、4位「モーニング娘。」、5位「インリン・オブ・ジョイトイ」。

 このほかのカテゴリでは、テレビ番組で「冬のソナタ」、キャラクター・ゲームタイトルで「ナルト」、エリアで「ディズニーランド」、企業・官公庁で「NHK」がそれぞれ1位を獲得した。

 また、ランキング以外に、“韓流ブーム”に関連したキーワードを紹介するコーナーを提供。「冬のソナタ」に関連した類語や略語、派生語などを樹形図のように表記している。そのほか、「世界の中心で、愛をさけぶ VS 冬のソナタ」「ニンテンドーDS VS PSP」など、2004年を象徴する各ジャンルのキーワードを2つピックアップして検索数を競う「キーワード対決」のコーナーも発表している。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://help.goo.ne.jp/info/n_release/n_04121701.html
  2004年検索キーワードランキング
  http://special.goo.ne.jp/ranking/2004/
  「冬のソナタ」から広がったキーワード図
  http://special.goo.ne.jp/ranking/2004/korean_tree1.html
  キーワード対決
  http://special.goo.ne.jp/ranking/2004/keyword.html

関連記事
「2ちゃんねる」が3年連続トップ〜Yahoo! JAPAN2004年検索ランキング(2004/12/15)
フレッシュアイ2004年検索ランキング〜「2ちゃんねる」がトップ(2004/12/14)
@nifty検索ランキング、定番キーワードの中で「フラッシュ倉庫」が健闘(2004/12/10)
トップは今年も「無料」、韓流と災害に注目〜インフォシーク年間ランキング(2004/12/02)


( 増田 覚 )
2004/12/17 18:48

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.