Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Operaからのクリスマスプレゼント? 次期バージョン“8”ベータ版公開


バージョン情報を確認すると「8.00」となっている
 ノルウェーのOpera Software ASAは23日、Webブラウザ「Opera」の次期バージョンのベータ版を公開した。同社WebサイトよりWindows用の英語版がダウンロードできる。

 新バージョンでは、Webページの幅をウィンドウの幅に強制的に合わせて表示する「Fit to window width」機能やプリント時に用紙の幅に合わせる「Fit to paper width」機能、主要機能に簡単にアクセスできる「Start Bar」などを搭載した。RSSフィードのあるページにアクセスするとアドレスバーにRSSアイコンが表示され、これをクリックするだけでRSSの登録が行なえるようになるなど、RSS関連の強化も図られている。さらに、「Opera next link」「Opera back」などの音声コマンドによるWebブラウジングを実現したほか、「Opera speak」コマンドでWebコンテンツやメールも読み上げてくれるという。

 なお、新バージョンにはこれらの機能以外にまだ秘密が隠されているとしており、Operaではバージョン名などの正式名称は明らかにしていない。Jon S. von Tetzchner CEOは「我々は7.60の公開に向けて準備していたが、開発が進み、機能の追加や改善が行なわれるにつれて、非常に強力で安全な使いやすいブラウザとなることが明白になった。その結果、論理上の次のバージョンを飛び越し、メジャーアップデートになることを保証できる」とコメントし、バージョンを現在の7.54から一気に「8」に上げることを匂わせている。実際、ベータ版をインストールすると、バージョン情報で「8.00」と表示されるほか、インストーラやデフォルトのインストール先フォルダの名称にも「8」が使われている。

 Opera“8”の正式版は2005年の早い時期に発表される予定となっており、Opera 7のライセンス購入者には無償でアップグレードできる。


「View」メニューで「Fit to window width」をチェックしておくと、ウィンドウ幅にページが入りきらない場合に…… ウィンドウ幅に収まるようレンダリングされる。バナー画像が縮小されたのがわかる

「Fit to paper width」機能は印刷オプションで設定できる ページ内のRSSリンク(左下)を探さなくとも、アドレスバーに表示されるRSSアイコンで簡単に登録できる

関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.opera.com/pressreleases/en/2004/12/23/
  変更履歴(英文)
  http://www.opera.com/windows/changelogs/operabeta/

関連記事
Opera、小画面用のレンダリング技術を開発〜Opera 7.60に搭載予定(2004/11/25)
ポップアップウィンドウを乗っ取られる脆弱性を修正した「Opera 7.54u1」(2004/12/13)


( 永沢 茂 )
2004/12/24 18:10

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.