Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

PHPが「2004年のプログラミング言語」に〜TIOBE Index


 プログラミング言語の人気度を推測するために毎月ランキング情報を提供している「TIOBE Programming Community Index」が、「2004年のプログラミング言語」にPHPが選ばれたと発表した。この賞は、同インデックスにおけるレーティングの増加率が最も大きかった言語に与えられる。

 TIOBE Indexでは、Google、MSN、Yahoo!の各サーチエンジンとGoogle Newsgroupにプログラミング言語の名前を入力して、検索結果の件数によって毎月のレーティングを決めている。したがって、最良の言語や最も多く使用されている言語を決めているわけではなく、インターネット上で最も多く“言及”されたプログラミング言語を推定しているに過ぎないことに注意する必要がある。

 TIOBE Indexによると、PHPはこの1年間に言及回数が3.17%増加し、他のどの言語をも上回った。なお、言及回数が多かった上位3言語はC、Java、C++だったが、Cが2.11%増加したものの、Javaは6.09%減少、C++は4.16%減少した。インターネットでしばしば使用されるスクリプト言語では、Perl(2.14%減)が6位、Python(1.72%増)が8位となっているほか、Rubyが29位に入っている。

 TIOBEでは、インデックスの計算方法をより正確にするための意見やアイディアを受け付けている。


関連情報

URL
  TIOBE Programming Community Index(英文)
  http://www.tiobe.com/tiobe_index/index.htm


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2005/01/07 14:41

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.