Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

WMVファイルを装うトロイの木馬、P2Pソフトで流行中〜DRMを悪用


 スペインのセキュリティベンダーであるPanda Softwareは現地時間の10日、WMV形式の動画ファイルを装うトロイの木馬型ウイルス「Trj/WmvDownloader.A」「Trj/WmvDownloader.B」がKazaaなどのP2Pファイル交換ソフトネットワークで感染を広げていると警告した。

 WmvDownloaderは、マルチメディアコンテンツの知的所有権を保護するための技術「Windows Media Digital Rights Management(DRM)」を悪用する。通常、DRMで保護されたコンテンツを再生する場合、有効なライセンスがローカルになければインターネット上でライセンスを検索する仕組みだが、WmvDownloader.Aでは「overpeer」、WmvDownloader.Bであれば「protectedmedia」という企業のライセンスが必要だと騙り、特定のサイトからライセンスをダウンロードしようとするという。

 しかし、実際にダウンロードされるのはライセンスではなく、「Adware/Funweb」「Dialer Generic」「Spyware.AdClicker」などのアドウェアやダイヤラー、スパイウェア。また、「Trj/Downloader.GK」といったウイルスに感染する場合もある。

 Pandaによれば、WmvDownloaderのファイル名には極めて多くのバリエーションがあるとし、KazaaやeMuleといったP2Pファイル交換ソフトで感染を拡大しているという。今後は、メールやインターネット上のダウンロードサイトなどからの感染も警告している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.pandasoftware.com/about/press/viewNews.aspx?noticia=5818


( 鷹木 創 )
2005/01/11 13:05

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.