Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Yahoo!とMSNがGoogleを追撃〜米Keynoteのサーチエンジンランキング


 米調査会社のKeynote Systemsは13日、米サーチエンジンのランキングを発表した。1位がGoogle、2位がYahoo!、3位がMSN、4位がAsk Jeeves、5位がLycosとなっており、順位の上ではGoogleが依然としてトップにあるものの、Yahoo!やMSNがその差を縮めているという。

 ランキングは、2,000人を対象に行なった調査をもとに、ユーザーの満足度やブランド力などの項目をふまえながら決定したもの。まずYahoo!は、2004年5月の前回調査の後に実施したローカル検索の拡張が評価を押し上げる結果になった。Keynoteによると、ローカル検索はユーザーの不満の種で、検索結果の品質に不満を持っているユーザーは全サイトを通じて22%いるという。Ask Jeevesも、ローカル検索の改善などにより大きく評価を上げた。

 一方MSNは、通常のWeb検索結果とスポンサーサイトの表示を分離したことが評価に結び付いた。スポンサーサイトの表示方法はユーザーの使い勝手に反映する大きな要因だが、今回の調査ではMSNユーザーの47%以上が同サイトのスポンサーサイト表示を評価しており、前回の37%から増加した。検索結果の表示で評価が上がったのはMSNだけだったとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.keynote.com/news_events/releases_2005/05jan13.html


( 永沢 茂 )
2005/01/14 18:06

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.