Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ハリー・ポッター最新作、電子書籍版がP2Pで流出か〜公式サイトで警告


 「P2Pファイル交換ソフトでダウンロードできるハリー・ポッターの最新作は違法」――「ハリー・ポッター」シリーズの作者J.K. Rowling氏が、P2Pソフトなどで電子書籍が出回っているというシリーズ最新作に関して公式サイトで警告している。

 公式サイトによると、「www.harrybooks.info」(すでに閉鎖)というサイトで最新作の「ハリー・ポッターと混血の王子」(原題:Harry Potter and the Half-Blood Prince)の電子書籍が販売されていたとの通報を受けたという。公式サイトでは、「今のところ、ハリー・ポッターの正規の電子書籍版は存在せず、P2Pソフトのネットワークやインターネットから電子書籍版をダウンロードできるという話は絶対に信用してはならない」とコメント。「そもそも違法であるだけでなく、e-Book版を見た人のPCがウイルスに感染してしまったり、ハッキングやクレジット詐欺の被害を受ける恐れもある」と警告した。

 なお、ハリー・ポッターと混血の王子は、7月16日に発行される予定だ。「ハリー・ポッターは、これまで通り書籍で、あるいはカセットテープ、CDで出版社から販売される」としている。


関連情報

URL
  お知らせ(英文)
  http://www.jkrowling.com/textonly/news_view.cfm?id=84
  公式サイト「J.K.Rowling Official Site」
  http://www.jkrowling.com/


( 鷹木 創 )
2005/02/03 16:32

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.