Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

高所得、ブロードバンド、子持ちの男性ほどiPodを所有する!? 米調査


 米非営利団体のPew Internet & American Life Projectは14日、「iPod」などのMP3プレーヤーの保有率が、「所得が高い」もしくは「ブロードバンド環境」のユーザーほど高くなるという調査結果を発表した。1月13日から2月9日にかけて全米の18歳以上2,201人を対象に行なわれた電話調査の結果だ。

 調査では、米国でiPodなどのMP3プレーヤーを所有している人は18歳以上の11%に当たる2,200万人と推計。世帯所得別では、年収7万5,000ドル以上の世帯では保有率が24%に達した。これに対し、3万〜7万5,000ドルの世帯は10%、3万ドル以下の世帯は6%に止まった。

 インターネット利用別の保有率では、インターネットの利用者では15%、インターネットを利用しない層で4%となった。インターネット環境別の保有率では、ブロードバンドを利用している場合で23%、家庭と職場の両方でブロードバンドを利用している場合は31%に上った。一方、ダイヤルアップ環境のユーザーでは9%に止まった。

 男女別では、男性の14%に対して女性は9%。年代別では30歳未満が19%、30〜39歳と40〜48歳の層はそれぞれ14%の保有率となった。また、子供がいる家庭では16%、子供がいない家庭は9%の保有率となっている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.pewinternet.org/PPF/p/1047/pipcomments.asp


( 鷹木 創 )
2005/02/16 19:42

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.