Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

NTTドコモ、PHS撤退報道を否定


 NTTドコモは、一部報道で報じられたPHS事業から撤退するとの内容を否定、「現在、何も決まっていない」とコメントした。

 一部報道によれば、NTTドコモは4月からPHSの新規加入の受付を停止し、2〜3年後をめどにPHS事業から撤退すると報じている。これを受けてNTTドコモでは「現在、何も決まっていない」とコメントし、報道内容を否定した。

 NTTドコモのPHS事業は、ピーク時の1997年、加入者数約210万を境に減少傾向となり、電気通信事業者協会の発表による2005年1月末のPHS加入者数は約137万。2004年6月の定例会見では、中村維夫社長が「音声の新端末は出ない」と明言するなど、PHS事業では法人向けのデータ通信サービスの展開に注力していく意向を明らかにしていた。

 なお、NTTドコモによれば、PHS事業における「@FreeD」などデータ通信端末と、音声端末の割合はほぼ同等とのこと。PHS事業自体は赤字が続いている。


関連情報

URL
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/
  関連記事:1月末の契約者数、ボーダフォンが58,700人の純減に[ケータイWatch]
  http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/22515.html
  関連記事:【ドコモ定例会見】新社長の中村氏「スピーディに収益を回復させる」[ケータイWatch]
  http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/19370.html


( 太田亮三 )
2005/02/17 17:30

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.