Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

EverQuest IIでRMT解禁へ〜米Sony Online Entertainmentが6月下旬に


 米Sony Online Entertainment(SOE)は20日、オンラインゲームのアイテムなどをプレイヤー間で売買できるシステム「Station Exchange」を6月下旬に開始すると発表した。

 発表によれば、当初はMMORPG「EverQuest II」でStation Exchange対応サーバーを設置。対応サーバー内で、キャラクター使用権やアイテム、コインなどのオークション方式による売買が可能になる。なお、SOE自身はキャラクターやアイテム、コインなどは販売しない。SOEでは、いわゆるReal Money Trade(RMT)とStation Exchangeを比較し、「違いは“セキュリティ”という1語に集約される」としている。

 SOEは「アナリスト集団のDFC Intelligenceによると、オンラインゲーム産業は2003年で190億ドル。2006年には520億ドルに成長し、2009年には980億ドルに達すると予想されている」と説明。RMTについても「正式にサポートしていないアングラな“第2のマーケット”ではあるが、取引高は年間1億ドルから8億ドルに達すると推計されており、そのうちSOEのEverQuestやEverQuest IIに関わる取引は2割を占めている」という。

 こうした現状に対してSOEでは、RMTを禁止するというこれまでの方針を180度変更した。SOEのJohn Smedley社長は「多くのユーザーは方針変更を驚くかも知れない」と前置きした上で、「多くのプレイヤーがそういった売買行為を気にしないか、積極的に参加していることは明らか」「RMTを禁じていても、カスタマーサービスで詐欺の問題に対応する時間は、全体の40%に達している。むしろ、解禁することでカスタマーサービスのリソースを、プレイヤーの利益になる分野に振り向けることができる」「将来のゲームにとって興味深いモデルになる」と理由を説明している。

 なお、Smedley社長は、27日前後にプレイヤーに対して売買可能なサーバーでゲームを楽しみたいかどうかのアンケートを実施するとコメント。その結果に基づいてStation Exchange対応サーバーの台数を決定するとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://sonyonline.com/corp/press_releases/042005_StationExchange_announce.html
  Station Exchange
  http://stationexchange.station.sony.com/
  SOEのJohn Smedley社長によるコメント
  http://eq2players.station.sony.com/en/news_archive.vm?section=News&id=457

関連記事
「今後10年間はコミュニケーションがゲームの重要な要素に」(2005/02/28)
オンラインゲームでRMT禁止を明確化、FF XIに続き信長の野望も(2004/12/20)


( 鷹木 創 )
2005/04/21 14:20

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.