Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ドイツでは20%以上、日本では3%未満に〜Firefoxシェアに明暗


 Firefoxのシェアは、ドイツでは20%以上、日本では3%未満。ブラウザのシェアに関する最新調査結果が10日、米WebSideStoryから発表された。

 4月29日に行なわれた最新の調査によると、米国ではFirefoxのシェアが前回(2月18日)調査に比べて1.06ポイント増加し、6.75%に達した。Internet Explorer(IE)のシェアは0.99ポイント減少し、88.86%となっている。なお、Firefox以外のNetscape/Mozillaブラウザが2.23%(前回調査では2.47%)、そのほかは2.06%(同1.90%)となった。

 WebSideStoryでは、ドイツと日本のシェアも発表。ドイツではFirefoxが22.58%のシェアを確保しているのに対して、日本でのFirefoxシェアは2.79%と低迷。反対に、日本ではIEが93.92%と圧倒的なシェアを占める一方、ドイツでは69.45%に止まった。

 WebSideStoryによると「Firefoxの使用は今後も増加する」という。同社では「Firefoxのシェアは2004年に比べて倍以上となり、現在のペースであれば、2005年内に米国でのシェアが10%に達する」と分析した。

 また、WebSideStoryでは、「長年の偏見」が日本とドイツのようなFirefoxシェアの違いを生み出したという。「例えば、ドイツのユーザーはNetscapeのころから、Microsoft製品の代替製品を支持してきたが、日本ではいつもMicrosoftの技術を完全に取り入れてきた」と指摘している。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.websidestory.com/products/web-analytics/datainsights/spotlight/05-10-2005.html

関連記事
Mozilla系ブラウザのシェアは「1割前後」と見るのが妥当か?(2005/04/27)
IEのシェアが初めて2つの調査で9割を切る〜OneStat.comとWebSideStory(2005/02/28)


( 鷹木 創 )
2005/05/13 19:39

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.