Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

So-net ADSLコースの顧客情報364件が流出。流出経路は調査中


 ソニーコミュニケーションネットワーク(SCN)は13日、同社が運営するSo-netの顧客情報が外部に流出したことを明らかにした。流出経路については調査中だとしているが、内部から持ち出された可能性が高いという。

 今回流出したのは、2003年1月と同年12月にSo-net ADSLコースを申し込んだ利用者のうち、当時回線開通上の不備を告知する必要があった申込者のデータ364件分。10日に外部から指摘により判明したという。

 顧客情報に含まれていたのは氏名、住所、電話番号、メールアドレス、ユーザーID、生年月日、性別。SCNでは該当する利用者に対して文書や電話などでお詫びをするとともに、問い合わせ窓口を設置して対応する。


関連情報
問い合わせ窓口
  0120-890-164(毎日10:00〜18:00)


URL
  ニュースリリース
  http://www.so-net.ne.jp/corporation/release/2005/050613.html


( 増田 覚 )
2005/06/13 17:55

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.