Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ヤフー、小学館らが「Yahoo! JAPAN文学賞」を創設、受賞作品は電子書籍化


 ヤフーとパブリッシングリンク、小学館の3社は14日、「Yahoo! JAPAN文学賞」を創設した。同日、Yahoo! JAPANで公開した特設ページ上で作品を募集し、ネット投票によって大賞を決定する。

 今回のテーマは「あした」で、文字数は6,000字〜8,000字。ファイル形式は、1行40字詰めのテキストファイル形式で、応募期間は9月30日まで。未発表の自作小説が対象となり、プロかアマチュアかは問わない。なお、応募するには無料で取得できるYahoo! JAPAN IDが必要となる。

 選考方法としては、選考委員を務める作家の石田衣良氏が選出した10作品を特設サイト上に11月中旬〜12月中旬まで公開し、ネット投票を募る。なお、インターネット投票で問題となる複数投票を防ぐ手段としては、1台のPCから投票できる回数を1回までに制限する。

 2006年1月中旬には、最高得票を獲得した作品に与えられる「Yahoo! JAPAN賞」と、石田氏が決定する「選考委員特別賞」を発表。各賞には賞金20万円のほか、ソニーの読書専用端末「リブリエ」が贈呈される。

 各受賞作品は、小学館が発行する小説誌「きらら」2月号誌上に掲載するほか、パブリッシングリンクが運営する電子書籍レンタル配信ポータルサイト「Timebook Town」で電子書籍化する。

 ヤフーによれば、「今後の予定は具体的には決まっていないが、年間3〜4回のペースでYahoo! JAPAN文学賞を開催していきたい」としている。


関連情報

URL
  Yahoo! JAPAN文学賞
  http://bungakushou.yahoo.co.jp/


( 増田 覚 )
2005/07/14 19:12

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.