Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Adobe Acrobat/Readerに脆弱性、セキュリティ修正ファイルを公開


 アドビシステムズは16日、Adobe AcrobatおよびAdobe Readerのセキュリティアップデートファイルを公開した。対象製品はAdobe Acrobat 7.0〜7.0.2/6.0〜6.0.3、Adobe Reader 7.0〜7.0.2/6.0〜6.0.3/5.1で、Windows版とMacintosh版とも対象となる。アドビシステムズではユーザーに対してアップデートを推奨している。

 発見された脆弱性は、Adobe AcrobatおよびAdobe Readerの一部に含まれるプラグインについて、悪意のあるファイルを開いた場合にバッファオーバーフローが引き起こされる恐れがあるもの。これにより、アプリケーションのクラッシュや任意のコードを実行される危険性があるという。

 アドビシステムズでは、発見された脆弱性を修正するアップデートファイルを公開した。アップデート後のバージョンは「7.0.3」または「6.0.4」となる。Adobe AcrobatおよびAdobe Readerの「Update Manager」機能を利用して自動的にアップデートが行なえるほか、Webページからアップデートファイルをダウンロードしてインストールする方法も利用できる。


関連情報

URL
  サポートデータベース
  http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?226798+002
  ダウンロードページ
  http://www.adobe.co.jp/support/downloads/main.html


( 三柳英樹 )
2005/08/18 15:31

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.