Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「いつでも好きなときに買える」totoのインターネット販売が開始


イーバンク銀行代表取締役社長の松尾泰一氏に操作方法を教わりながら、佐藤江梨子さんがtotoのインターネット購入に挑戦
 日本スポーツ振興センターは、イーバンク銀行と提携してスポーツ振興くじ(totoおよびtotoGOAL3)のインターネット販売を8月27日に開始する。23日には東京・代々木で、totoイメージキャラクターの佐藤江梨子さんを迎えて、totoインターネット販売のデモンストレーションが開催された。

 今回のインターネット販売は、イーバンク銀行のWebサイト内に開設されている「totoイーバンクサービス」を通じて行なわれる。利用するには、無料で開設できるイーバンク銀行口座とtotoイーバンクサービスの利用者登録が必要となる。購入や払戻しの手数料は無料。販売時間は24時間販売だが、各開催回の販売初日は8時から、販売最終日は22時まで。なお、19歳未満は利用できない。


totoイーバンクサービスの仕組み
 利用方法としては、購入するくじの種類(totoまたはtotoGOAL3)と購入方法(シングルまたはマルチ)を選択する。例えばtotoシングルの場合は、Jリーグ13試合について、ホームチームの勝ち、負け、その他(引き分け・延長)のいずれか1つを予想して、各項目の下にある空白をクリックすればチェックマークが入力される。また、選択に迷った場合には、コンピュータが自動的にマークしてくれる「ランダムチャンス」というサービスも利用できる。

 日本スポーツ振興センターの高杉重夫理事によれば、「ランダムチャンスは、現時点ではコンピュータが無作為に選ぶ方式。来シーズン(2006年3月)をめどに、過去の対戦成績のデータをもとにして、『大穴狙い』『確率重視』などの観点からコンピュータが自動的に選ぶランダムチャンスを提供したい」という。

 各くじを購入する際は、利用者の暗証番号(4桁〜12桁)を入力する。なお、スパイウェアなどによるネット口座の不正利用を防ぐためにイーバンク銀行が導入した「ワンタイムセキュリティボード」による入力も可能だ。ワンタイムセキュリティボードは、0から9までの各数字に対応する英字が、取引ごとにランダムに表示されるスクリーンキーボード。実際に画面を見ていなければ正しい入力ができない仕組みだ。

 購入したくじは、購入内容画面で確認できる。当選確認については、試合の翌々日に当選状況が自動的に表示される。購入代金はイーバンク銀行口座から引き落とされるほか、当選金は試合の翌日から6営業日後に、イーバンク銀行の口座に入金される。なお、今回のインターネット販売のキャンペーンとして、totoまたはtotoGOAL3をイーバンク口座から購入した利用者に対して、もれなく300円をプレゼントする。キャンペーン期間は9月30日までとなっている。



購入するくじの種類(toto、totoGOAL3)と購入方法(シングル、マルチ)を選択する 購入したくじの内容を確認できる

totoマルチの購入画面 totoGOAL3マルチの購入画面

 28日に行なわれたプレスイベントは、佐藤江梨子さんは、実際にインターネット購入のデモンストレーションに挑戦。「24時間、いつでも好きなときに買えるのが便利。これまでtotoを買ったことがあったが、ペンで入力するので間違えたら変更に手間がかかっていた。マークシートの記入も、ペンだと『2Bの鉛筆で書かなきゃ』と力が入るが、インターネットだとワンクリックだけで簡単。結果が一目でわかるだけでなく、自分がどこを間違えたのかわかるのがイイですね。(ネット販売開始日の)27日には、早速買っちゃいます」と感想を語っていた。


左から日本スポーツ振興センターの高杉重夫理事、佐藤江梨子さん、イーバンク銀行の松尾泰一代表取締役社長 ゼブラ柄の衣装は「サッカーのレフェリーを意識した」という

関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://www.naash.go.jp/sinko/pdf/happyou170713.pdf
  totoイーバンクサービス
  http://www.ebank.co.jp/kojin/service/toto/


( 増田 覚 )
2005/08/23 17:25

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.