Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

民主党、岡田代表の遊説内容をWebサイトから削除〜公選法に抵触の恐れ


 民主党は30日、総務省から「公職選挙法に抵触する恐れがある」との指摘を受けて、同党公式サイトに掲載していた岡田克也代表の遊説内容などを削除した。

 公職選挙法では、インターネットを利用した選挙活動を認めていない。総務省自治行政局選挙課では「特定の候補に投票を促す内容であれば、選挙活動に該当する」とコメント。その一方で民主党への指摘については、掲載内容が選挙活動に当たるかどうかの判断は示さなかったが、「公職選挙法に抵触しているのではないかという一般からの問い合わせが多かったため行なった」という。

 民主党によれば「前回の衆院選においても、投票を呼び掛ける部分を削除して代表の演説を掲載していた」とし、今回も公職選挙法には抵触していないと考えて掲載したという。民主党では「選挙期間中は、Webサイトの更新を控える」としている。


関連情報

URL
  民主党
  http://www.dpj.or.jp/
  総務省
  http://www.soumu.go.jp/


( 鷹木 創 )
2005/08/31 14:18

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.