Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ソニーの新AIBOはRSS/Atomに対応、ブログやニュースを音声読み上げ


 ソニースタイル・ジャパンは29日、エンターテインメントロボットAIBOの新モデル「ERS-7M3」を発売した。価格は194,250円。


期間限定モデルの「ハニーブラウン」 「パールブラック」と「パールホワイト」の2モデル

 IEEE 802.11b準拠の無線LAN機能を搭載するERS-7M3は、AIBOが自分で撮影した写真を使って、接続しているPC内に簡単なテキスト付きの写真日記「AIBOフォトダイアリー」を保存できる。AIBOが書き込んだ日記は専用ソフト「エンターテイメントプレイヤー Ver.2.0」で確認可能で、同ソフトを経由してユーザー自身のブログにアップロードも可能だ(現在のところ「So-net blog」のみ検証済み)。エンターテイメントプレイヤー Ver.2.0はWindows XP/2000に対応する。

 専用メモリースティックには「AIBOマインド3」を搭載。会話機能の語彙は従来の200語から1,000語程度に増加するなどコミュニケーション能力を向上させ、AIBOとして初めて、音声会話機能を本体に標準で内蔵する。

 挨拶をはじめ、その時点のAIBOの状況や性格に基づいた会話が可能。RSS 1.0/2.0、Atom 0.3の配信にも対応し、配信されるニュースやブログの読み上げ機能も搭載した。ユーザーが「ニュースを読んで」とAIBOに言葉をかけると、言葉に反応したAIBOがニュースやブログを読み上げるというわけだ。

 このほか、エンターテイメントプレイヤーの「マインドスコープ」機能では、AIBOが認識する音や物などの状況をテキストで確認可能になった。自律機能も強化し、物体の位置を記憶するマッピング技術を搭載。ユーザーがボールの場所などを尋ねると、AIBOが場所を指し示す動作を行なうようになっている。

 ボディカラーは、従来どおりの「パールブラック」と「パールホワイト」の2モデルのほか、9月29日から12月12日までの期間限定モデルとして「ハニーブラウン」モデルも用意する。ハニーブラウンモデルでは、耳や尾の部分に、茶・ベージュ・黒による個体ごとのマーブル模様パーツを使用している。また、旧モデルの「ERS-7M」と「ERS-7M2」をERS-7M3と同等機能にするアップグレードキットも用意した。AIBOマインド対応版は11,550円、AIBOマインド2対応版は10,500円。


関連情報

URL
  製品情報
  http://www.jp.aibo.com/products/ers7m3/about01.html
  ソニースタイル
  http://www.jp.sonystyle.com/
  関連記事:So-net blog、AIBOが書いた日記をブログで公開できるサービス [Broadband Watch]
  http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/11207.html
  関連記事:AIBOがメールを読み上げる〜無線LAN対応ソフト新発売
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/0507/aibo.htm


( 鷹木 創 )
2005/09/29 19:38

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.