Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Yahoo! JAPANのキーワードランキングに「mixi」「電車男」が登場


 「2ちゃんねる」「mixi」「ライブドア」「楽天」「のまネコ問題」「愛・地球博」「ドラゴンクエストVIII」――。2005年に検索されたキーワードのランキングがヤフーとインフォシークから発表された。残り1カ月を切った2005年、キーワードで振り返ってみよう。なお、ヤフーの集計期間は2005年1月1日〜10月31日。インフォシークでは2004年11月1日〜2005年10月31日となっている。

 Yahoo! JAPANで検索されたキーワードの総合ランキング1位は「2ちゃんねる」。2位以下は「Google」「楽天」「goo」「Amazon」「JAL」「ANA」「MSN」「livedoor」「Hotmail」と続く。このうち、livedoorはニッポン放送を巡るフジテレビとの問題で注目を集めたためか、2004年の32位からのジャンプアップとなった。

 2005年に初登場もしくは2004年にランキング圏外だったキーワードでもっとも上位に着けたのは、国内SNSの草分け的存在である「mixi」の12位。急速に普及した「ブログ」も42位にランクインした。また、盛況のうちに幕を閉じた「愛・地球博」は15位、2ちゃんねるから生まれた「電車男」も40位にランクイン。このほか意外なところでは「ガンダム」が16位に、4月にミニチュア版「ちびたまごっち」が発売された「たまごっち」が50位に登場している。楽天との経営統合が取りざたされたTBSも33位に登場したほか、「ごくせん」(43位)、「ユニクロ」(47位)などもランクインしている。

 インフォシークの発表した「Infoseek 2005年 年間検索キーワードランキング」の時事カテゴリでは「楽天」が1位。次いで2ちゃんねるを中心に話題になった「のまネコ問題」が2位、3位には「ライブドア」がランクインした。また、4位には300万本以上の売り上げを記録したRPG「ドラゴンクエストVIII」がランクイン。愛知万博も6位に入ったほか、地震情報が9位、反日デモが10位に入っている。

 インフォシークのランキングで目立ったところでは、「2ちゃんねる」(デジタルカテゴリ1位)、「ブログ」(同4位)、「電車男」(エンタメタイトルカテゴリ1位)など。インフォシークが注目するカテゴリとしてまとめた「衆議院選挙関連」では「小泉純一郎」首相を抑えてライブドア「堀江貴文」社長が堂々1位にランクインする“快挙”を果たした。

 なお、楽天の三木谷浩史社長が選ぶランキングでは「改革」が1位に。「環境問題」「アジア」といった社会問題的なキーワードが続いた後に、「デジタルダウンロード」「ブログ」「ストリーミング」といったIT企業らしいキーワードも並んだ。8位に「ヴィッセル神戸」、9位に「東北楽天ゴールデンイーグルス」を挙げ、「まだまだこれからのチームでもあるので、来年もファンの皆様の暖かいご声援を頂けるよう願うばかりです」とコメントしている。


関連情報

URL
  ヤフーの「2005年検索ワードランキング特集」
  http://picks.dir.yahoo.co.jp/new/review2005/
  Infoseek 2005年 年間検索キーワードランキング
  http://www.infoseek.co.jp/Keyword?pg=ranking2005_top_if.html

関連記事
「2ちゃんねる」が3年連続トップ〜Yahoo! JAPAN2004年検索ランキング(2004/12/15)
トップは今年も「無料」、韓流と災害に注目〜インフォシーク年間ランキング(2004/12/02)


( 鷹木 創 )
2005/12/01 21:25

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.