Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

年末年始はWinny接続数増加、ネットエージェントが情報流出調査サービス


Winny調査のイメージ
 情報がWinnyに流出しているかどうか調査します――。Winnyによる通信を遮断できる「One Point Wall」やWinny上の通信を検知するシステムを開発・提供しているネットエージェントが26日、「Winny経由の情報流出調査サービス」を開始した。価格は税別で1回95万円程度〜。

 今回開始する調査サービスは、ネットエージェントの「Winny検知システム」を活用したもの。すでに官公庁向けに提供していたが、「年末年始にWinnyの利用者が増加する傾向があるため、一般企業向けに提供することを決定した」(同社杉浦隆幸代表取締役社長)という。現在、Winnyネットワークには平常時で約30万ノードが接続しているが、年末年始には40万ノードにまで増加する見込みだ。

 ネットエージェントでは、一般向けサービス開始にあわせて、調査期間を年末年始(申込日から2006年1月3日まで)に限定したキャンペーンを実施する。先着5社までで、価格は95万円(税別)。1月4日以降に情報流出の有無、当該ファイルの特定、公開元IPアドレスを顧客にレポートする。

 また、万が一Winnyネットワーク上に情報が流出していた場合は、情報が拡散することを抑制するコンサルティングも請け負う。ただし、Winnyネットワーク上に広く流布した後では、拡散を抑える措置は取れないため、情報流出が判明次第、迅速に調査する必要があるという。

 同社がWinny検知システムを開発した当初、2004年5月時点の接続数は27万5,133ノード(ネットエージェント調べ)だった。2005年12月になってもWinnyネットワークには約30万ノードが接続しており、Winny経由の情報流出が相次いでいるにも関わらず、利用者は減少していない状況だ。なお、2004年5月時点のISP別予測ユーザー数はYahoo! BB が58,452人で1位、ついでOCNが29,030人で2位だった。杉浦社長によれば2005年12月時点でも「この順位は変わっていない」という。


関連情報

URL
  サービス概要
  http://www.onepointwall.jp/winny-research.html

関連記事
ネットエージェント、Winny上のファイル共有者を特定するソフトを開発(2004/05/13)


( 鷹木 創 )
2005/12/26 14:07

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.