Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

2005年のデジタル音楽売上は11億ドル、2004年の約3倍に〜IFPI調査


 インターネットによるダウンロード販売や携帯電話の着メロなどにより、2005年におけるデジタル音楽の売上が合計11億ドルに達したことが19日、国際レコード連盟(IFPI)が発表した調査結果で明らかになった。2004年の3億8,000万ドルの約3倍となる記録的な数字である。

 調査によると、2005年におけるシングルトラックのダウンロード数は4億2,000万曲で、2年前の2003年時に比べて20倍となる数字だ。さらにダウンロード用にレコード会社からライセンスを受けている楽曲数は、アルバム数で16万5,000タイトル、シングルトラック数で200万曲を超えた。2003年には実質的に存在しなかったデジタル音楽による売上は、現在ではレコード会社の売上の6%を占めるまでになったという。

 携帯電話向けの販売も2005年に世界的に広まった。現在、レコード会社によるデジタル音楽売上の約40%は携帯電話向けのデジタル音楽だという。特に世界的に最も大きい携帯電話音楽市場である日本では、携帯電話向けの売上は2億1,100万ドルに達し、デジタル音楽売上全体の96%を占めた。

 現在、世界中に合法的音楽ダウンロードサイトが335サイトあり、Apple Computerの「iTunes Music Store」は21カ国で営業している。そのほかにも2005年には、米国では初めての合法的P2Pサービスである「iMesh」のサービスが開始されるなどの出来事があった。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.ifpi.org/site-content/press/20060119.html

関連記事
「2004年は合法音楽ダウンロード元年」国際レコード産業連盟が報告(2005/01/20)
2005年上期の音楽ダウンロード販売数は1億8,000万曲に〜IFPI調査(2005/07/22)
デジタル音楽の売上比率が1年で3倍に拡大〜IFPIの2005年上半期調査(2005/10/04)
Sony BMG、iMeshの合法P2Pを利用して音楽配信(2005/07/12)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2006/01/20 12:54

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.