Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

サイドフィード、ブラウザから利用できるサーバー型のRSSリーダー


 サイドフィードは、サーバーインストール型のRSSリーダー「Fresh Reader」ベータ版の無償配布を1月25日に開始した。基本的には企業向けの製品だが、個人ユーザー向けのライセンスや、ブロガー向けの無料ライセンスなども用意する。正式版の価格は10ユーザー版で52,290円の見込み。


サーバーインストールでイントラ内の情報も取得可能

Fresh Reader
 Fresh Readerは、管理者がサーバーにインストールし、クライアントからはブラウザで利用できるRSSリーダー。RSS 0.9/1/0/2.0とAtomに対応し、PodcastingのencolosureタグやOPMLの読み込みもサポート。Ajaxの採用により、クライアント型RSSリーダーのような利便性向上を図っているほか、多言語表示、不正コードの自動排除によるセキュリティ対策も行なわれている。

 サーバーインストール型のため、イントラネットなど社内情報のRSSも取得できる点が特徴。また、インストールしたサーバーをインターネットに公開することで、外出先からインターネットを利用してアクセスすることもできる。ユーザーは各自で任意のフィードを登録できるが、管理者が登録しているフィードからお勧めのものをログイン前のTOPページに新着情報として表示する機能も搭載。登録フィードを手動で巡回することもできる。

 サイドフィードの各種RSSサービスとも連携が図られている。Fresh Reader内にはホームページの更新情報を抽出してRSSに変換する同社のサービス「MyRSS.jp」が搭載されており、社内外を問わずRSS配信していないサイトの更新情報を確認できる。また、指定キーワードのブログ検索結果をRSSで通知する「fresh feed」もFresh Readerから利用できる。

 同じフィードを登録したユーザー数を表示する機能も搭載。お勧めのフィードをメールで通知し、メールに記載されたURLからフィードを簡単に登録できる共有機能も備える。今後はブックマーク機能も実装する予定だが、Fresh Readerは「最新の情報を収集する場」との位置付けから、Fresh Readerとは別にブックマークサービスを提供、Fresh Readerと連携させる方法を考えているという。


登録フィードはブラウザで管理できる 管理者が登録しているフィードをログイン画面に表示する機能も

企業で使えるRSSリーダーを安価に

サイドフィードの赤松洋介代表取締役
 サイドフィードの赤松洋介代表取締役は、「社外だけでなく社内の情報も効率的かつ安全に収集できるRSSリーダーは数が少なく、高額な企業向けサービスが多い」と説明。同社のサービス「MyRSS.jp」ユーザーの4割が業務で利用しているというデータを踏まえ、「企業で利用できる使いやすいRSSリーダーを安価に提供する」とのコンセプトを示した。

 これまでRSSを利用したサービスを中心に提供してきたサイドフィードが、RSSリーダーを提供した背景には、Internet Explorer 7の影響もあるという。赤松氏は「Internet Explorer 7に搭載されるRSSリーダーは、それほど高機能なものではないようだ。それであればRSSリーダーを提供するメリットもあると感じた」とし、「Web型のRSSリーダーで最も進んでいると言われているBloglinesを徹底的に研究した」とFresh Readerに対する自信を示した。

 OSはWindows XP/2000 Pro以降、Linux kernel 2.2以上、FreeBSD 4.x以上をサポート。利用にはIISやapacheといったWebサーバーが動作し、PHPのバージョン4.3以上がインストールされている必要がある。ブラウザはWindowsの場合Internet Explorer 5.5以上、Netscape 7.1以上、Firefoxでの動作が、Mac OSではSafari、Internet Explorer 6、Netscape 7、Firefoxでの動作が確認されている。

 フィードの自動巡回はサーバー側でクローラーを動作させる必要があるが、サーバーでクローラー設定ができないユーザー向けにサイドフィードのサイトからクローラー実行を代行するオプションサービスも用意されている。オプション料金は2006年5月末までは無償で、1〜3時間程度で巡回を実行する。

 ベータ版は5月末まで無償で利用可能で、正式版の価格は10ユーザー版が52,290円、20ユーザー版が104,790円、50ユーザー版が207,900円、100ユーザー版が399,000円、ユーザー数無制限版が819,000円となる予定。個人ユーザー向けに1ユーザー版も3,000円で提供するほか、ブロガー向けの無料ライセンスも提供予定。ブロガー向けライセンスの適用条件は、正式版リリース時に公表するという。このほか、レンタルサーバー向けに直接FTPへインストールできるサービスも用意されている。


関連情報

URL
  Fresh Reader
  http://www.freshreader.com/

関連記事
サイドフィード、ブログ向けのキーワード解析ツール「トラックワード」(2005/12/14)


( 甲斐祐樹 )
2006/01/25 20:22

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.