Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「Firefox 1.5.0.1」公開、起動時に数分間応答しなくなる不具合などを修正


「Firefox 1.5.0.1」の画面
 Mozilla Corporationは1日、Webブラウザ「Firefox 1.5.0.1」を公開した。Firefox 1.5の安定性向上などを目的としたバージョンアップで、新機能は追加されていない。Windows XP/2000/Me/98/NT 4.0、Windows Server 2003、Mac OS X 10.2以降、Linuxなどに対応。Mozilla Japanや窓の杜などから無料でダウンロードできる。

 Firefox 1.5.0.1では、極端に長いタイトルの付いたWebページが履歴ファイルに記録された場合に、起動時に数分間応答不能になる不具合を修正。そのほか、メモリリークを引き起す複数の不具合の修正や、アイスランドの国際化ドメイン名サポートの有効化などが行なわれている。

 また、Mac OS X版については、Intel CPU搭載のMacintoshのネイティブサポートは次期リリースのFirefox 1.5.0.2で対応する予定としている。


関連情報

URL
  リリースノート
  http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/releases/1.5.0.1.html
  Mozilla Japan
  http://www.mozilla-japan.org/
  窓の杜 - Firefox
  http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/browser/webbrowser/firefox.html

関連記事
Firefoxの脆弱性は「一時不応答になる以上のリスクはない」〜Mozillaが見解(2005/12/12)


( 三柳英樹 )
2006/02/02 18:05

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.