Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ウイルス「BlackWorm」がインドやペルーで感染を拡大〜米CAIDA調査


 インターネットに関するモニタリングや分析活動を行なっている米CAIDAは6日、毎月3日にPC内部のファイルを破壊するウイルス「BlackWorm」に関する調査を公表した。CAIDAの2人の研究者の調査によれば、1月15日から2月1日までの間に世界200カ国以上にウイルスの感染があり、この間にウイルスに感染したPCの台数は469,507台〜946,835台に上ると推定している。

 BlackWormは「Nyxem-D」「GREW.A」「Blackmal.E」「MyWife.d」などウイルス対策ベンダーによって名称が異なるワーム型ウイルス。メールや共有フォルダを介して感染を広げ、毎月3日にWordやExcel、PDFなどのファイルを破壊する活動を行なうことが確認されている。

 CAIDAの調査では、アジアや南米地域で多数の感染を観測。国別ではインド、ペルー、イタリア、トルコといった各国での被害が多かったと分析している。特にインドとペルーの被害が大きく、インドの被害台数は151,341台〜273,013台(被害全体の28.83%〜32.23%)、ペルーの被害台数は87,599台〜150,785台(被害全体の15.92%〜18.65%)に上ると推定している。


関連情報

URL
  CAIDAの調査結果(英文)
  http://www.caida.org/analysis/security/blackworm/

関連記事
2月3日に発病する「BlackWorm」に注意、本日中にウイルススキャンを(2006/02/02)


( 三柳英樹 )
2006/02/07 18:17

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.