Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

企業向けウイルスバスターにWinny検出・削除ツールを同梱


Winny対策ツール「アドバンス検索ツール」(画像は開発中のベータ版のため、製品版とは異なる可能性があります)
 トレンドマイクロは2日、企業向けセキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスター コーポレートエディション 7.3」を4月5日から出荷すると発表した。管理サーバーとして、Windows Server 2003/2000 Server SP2以降/NT Server 4.0 SP6a以降に対応。クライアントPCは、Windows Server 2003、Windows XP SP1以降/2000 SP2以降/NT 4.0 SP6a以降/Me/98/95およびWindows XP Professional x64 Edition/Server 2003 x64 Edition/Windows Server 2003 R2 x64 Editionに対応する。

 ウイルスバスター コーポレートエディション 7.3では通常版のほか、パーソナルファイアウォール機能を備えた上位の「アドバンス」版を用意。このアドバンスには新たにWinny対策ツール「アドバンス検索ツール」を同梱している。アドバンス検索ツールではWinnyを検出するための専用パターンファイルと検索機能を搭載し、クライアントPC内のWinnyを検出・削除できる。

 このツールはウイルスバスター本体とは別のプログラムで、対応OSはWindows XP SP1/SP2と、Windows 2000 Professional SP2/SP4。トレンドマイクロによると「現在のところ、ツール単体での提供は予定していない」という。

 通常版とアドバンスの共通仕様としては、64bitネイティブアプリケーションとして動作できるのも特徴だ。クライアントPC用プログラムのインストール時にOSを判別し、64bit用、32bit用の両プログラムから環境に適したものを自動的にインストールするという。このほか、シスコシステムズのセキュリティ技術「NAC(Network Admission Control) Version2」もサポートした。

 価格は、通常版が5ライセンス37,800円〜、アドバンスが5ライセンス51,450円〜、サーバーOS対応版の「サーバ版」が20ライセンス72,450円〜、「アドバンス サーバ版」が20ライセンス98,700円〜。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2006/news060302.htm


( 鷹木 創 )
2006/03/02 17:51

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.