Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ハンモック、クライアントPCのWinnyを削除する管理者向けソリューション


 ハンモックは16日、クライアントPCにインストールされたファイル交換ソフト「Winny」の検知や削除を行なう「Asset View HYPER for Winny対策ソリューション」を発表した。

 Asset View HYPER for Winny対策ソリューションは、同社のPCライフサイクル管理ソフト「Asset View HYPER シリーズ」をベースにしたもの。システム管理者が知らない間にWinnyがクライアントPCにインストールされるケースを防ぐ。「Asset View HYPER A」「Asset View HYPER M with Search」「Asset View HYPER O」「Asset View HYPER D」で構成され、各ソリューションを組み合わせて導入できる。

 クライアントPCにインストールされているソフトを検出するAsset View HYPER Aは、Winnyの有無を検出する。Winnyがインストールされている場合は、ユーザーのPCのデスクトップ上に警告メッセージを送信することも可能だ。

 PC操作履歴やアプリケーション稼働状況を監視するAsset View HYPER M with Searchは、Winnyが稼働している場所を特定。Asset View HYPER Oは、WinnyがインストールされているPCを遠隔操作により、起動中のWinnyを強制終了する。また、Asset View HYPER Dでは削除用のバッチファイルを作成し、Winnyを削除する。

 すべてのソリューションを50〜99クライアントに導入した場合の価格は、1クライアントあたり5,850円〜。対応OSはクライアントPCがWindows Server 2003またはWindows XP/2000/Me/NT/98SE、管理者PCがWindows Server 2003またはWindows XP/2000。サーバーOSについては、Windows Server 2003またはWindows 2000 Serverに対応する。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.hammock.jp/company/release/024.html


( 増田 覚 )
2006/03/16 17:19

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.