Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

日本ジャグリング協会の会員名簿225人分がWinnyで流出


 日本ジャグリング協会は、同協会の元スタッフの私物PCがファイル交換ソフト「Winny」を介してウイルスに感染し、協会員の名簿など合計225人分の個人情報が流出したことを明らかにした。

 流出したのは、2001年8月時点における日本ジャグリング協会会員113人の名簿と、2001年に開催された「Japan Juggling Festival 2001」に参加した112人の名簿。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。2つの名簿に掲載されている人名は、大部分が重複しているという。なお、2001年度以前のファイルの流出については現在調査中だが、2002年以降のデータは別のスタッフが管理していることから、流出の可能性はないとしている。

 今回の流出は、3月12日に日本ジャグリング協会会員からの指摘で判明した。同協会によれば、元スタッフが2001年当時の協会関連データを私物PCに保存しており、2006年1月〜3月にかけてウイルスに感染したためファイルが流出したという。

 同協会では今後、個人情報ファイルを全て暗号化するほか、不要となった個人情報を破棄するなど対策を徹底するとしている。また、既に退会したスタッフに対しては、会員の個人情報を所持していないかを確認し、保有していた場合は確実に破棄させるという。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.juggling.jp/problem.html
  日本ジャグリング協会
  http://www.juggling.jp/


( 増田 覚 )
2006/03/23 13:33

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.