Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ヤフーとジャパンネット銀行が提携、2006年中に連携サービス提供へ


 ヤフー、ジャパンネット銀行、三井住友銀行の3社は30日、インターネット金融事業に向けて業務・資本提携を行なうと発表した。

 今回の提携によってヤフーとジャパンネット銀行は、ポータルサイト事業とネットバンク事業を連携させ、2006年内にもYahoo! JAPAN IDと連携した決済サービスなど新しいインターネット金融事業を創造するという。

 また、ヤフーとジャパンネット銀行および三井住友銀行は、関係当局の認可を前提として、資本提携を行なう。まず、三井住友銀行は、ジャパンネット銀行の管理を目的とする銀行持株会社を2006年度上期に設立。この銀行持株会社がジャパンネット銀行株式の57%を保有する。次いで、ヤフーが三井住友銀行から銀行持株会社の株式のうち14.9%の株式譲渡を受ける。

 銀行持株会社では、2006年内にはジャパンネット銀行株の保有率を75〜80%まで高める方向で検討する。また、ヤフーでも今後、増資などによって銀行持株会社の株式を最大50%程度まで保有する方針だ。ジャパンネット銀行株の3割から4割程度を間接的に保有することになる。

 このほか、ジャパンネット銀行では自己資本を充実させるために、2006年内に300〜400億円の増資を検討するという。

 ヤフーとジャパンネット銀行では「双方の培ってきたブランド、顧客基盤、ノウハウ、経験などを活かしながら、新たな商品及びサービスを共同で開発・提供する。インターネットを利用する幅広いお客さまのニーズにきめ細かく対応していく」とコメントしている。


関連情報

URL
  ヤフーのニュースリリース
  http://pr.yahoo.co.jp/release/2006/0330a.html
  ジャパンネット銀行のニュースリリース
  http://www.japannetbank.co.jp/company/news2006/060330.html
  三井住友銀行のニュースリリース
  http://www.smbc.co.jp/news/j600060_01.html

関連記事
ジャパンネット銀行、ヤフーとの提携を検討(2006/03/29)


( 鷹木 創 )
2006/03/30 18:25

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.