Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ボットネットを使って毎日1,800万通のスパムを送信した男性が逮捕


 英Sophosは18日、毎日1,800万通のスパムメールを送信した疑いのある男性が韓国で逮捕されたと発表した。男性は、16,000台のPCで構成されるボットネットを運営していたと見られる。

 ボットとはウイルスの一種で、感染したPCに対して、ネットワークを通じて外部から操ることを目的としたプログラム。ボットネットは、ボットに感染したPCで構成されるネットワークで、攻撃者がスパムメールを送信する際に、踏み台として使われる可能性がある。

 韓国情報保護振興院(KISA)の発表では、男性はボットネットを使って、毎日1,800万通のスパムメールを133カ国に送信していたという。男性は過去6カ月にわたって16,000台のPCからなるボットネットを運営。ローンに関するスパムメールを大量に送りつけていたとしている。

 Sophosが4月にまとめた調査では、世界で3番目に大量のスパムメールを中継している国は韓国で、世界のスパムメールのうち約10%を占めていたという。同社は、「スパマーは通常、彼ら自身のPCを用いてスパムメールを送信せずに、ボットネットを使ってスパムメールを送りつける。ボットネット運営者を逮捕したことは、インターネットを使うすべての人にとってすばらしいニュース」としている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.sophos.com/pressoffice/news/articles/2006/05/krzombie.html
  ニュースに出るネット用語:第9回 ボットネット(BotNet)
  http://internet.watch.impress.co.jp/static/column/yougo/2005/11/10/

関連記事
世界のスパムの60%は“ゾンビ化したPC”が送信〜ソフォス調査(2005/10/13)


( 増田 覚 )
2006/05/19 19:17

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.