Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Skypeにファイルを送信させられる脆弱性、最新版で修正済み


 ルクセンブルクのSkype Technologiesは19日、P2P電話ソフト「Skype for Windows」にURLの取り扱いに関する脆弱性が確認されたと報告した。脆弱性は最新バージョンで修正されている。

 脆弱性は、Skype URL(skype:〜)の取り扱いに問題があり、悪意のあるSkype URLをクリックした場合に、ファイルが別のSkypeユーザーに送信される危険性があるというもの。デンマークのSecuniaでは、この脆弱性の危険度を5段階中3番目の“Moderately critical”と判定している。

 脆弱性はSkype for Windowsのバージョン2.0および2.5(ベータ版)に存在することが確認されており、Skypeでは脆弱性を修正したバージョンを公開。Skype for Windowsのバージョン2.0.0.105以降および2.5.0.79以降で脆弱性は修正されている。


関連情報

URL
  Skype
  http://www.skype.com/intl/ja/

関連記事
「Skype 2.5」ベータ版公開、100人まで参加できる音声会議サービスも(2006/05/08)
「Skype」の最新版が公開、2件の脆弱性を修正(2005/10/26)


( 三柳英樹 )
2006/05/22 15:03

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.