Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

NEC総研調査、SNSよりブログ利用に力を入れるユーザーが約4割


「ブログとSNSのどちらに力を入れていますか」という設問の回答
 NEC総研は15日、ブログおよびSNSの利用者に対する利用実態調査および意識調査の調査結果を公表した。

 今回の調査は、ブログおよびSNSの利用者を対象にゲインが運営するインターネットリサーチシステムを利用して3月27日から30日にかけて実施されたもの。回答者数1,233名の中からランダムに抽出された、ブログのみの利用者266名、SNSのみの利用者266名、ブログとSNS両方の利用者268名の合計800名を対象としている。

 ブログ利用に対する設問では、利用しているブログやSNSの数について53.9%のユーザーが「1つ」と回答した。ブログで公開している自身のプロフィール項目については、「趣味」が59.7%と最も多く、以下「好きなものや興味のあることがら」が52.2%、「住んでいるところ」が35.2%、「年齢」が35.2%と続く。比較的少数ながら「氏名」が10.3%、「自分の顔写真」が8.6%という回答も見られた。

 ブログでのアフィリエイト利用については、「導入している」と回答したユーザーは28.3%で、「導入していない」と回答したユーザーは38%であった。また、ブログ記事に求める内容については、「自分の人生や生活の記録を残す」が52.1%と最も多く、以下「自分と趣味や嗜好があう人とのつながりを求める」が50%、「自分が必要とする情報を記録しておく」が49.3%、「自分の考えを整理する」43.4%となった。

 SNS利用に対する設問では、自身を招待したユーザーについて24.2%が「インターネット上での知り合いで、実際に会ったことがない人」と回答し、「趣味などのサークルやグループ活動の仲間」が23.8%、「現在の職場や学校などの同僚」が20.6%と続く。また、ブックマークしている友人の数については、34.6%のユーザーが「1〜5人」と回答している一方で、「51人以上」と回答したユーザーも8.2%を占めた。SNSの日記の更新頻度のついては、「1週間に2〜3回」が19.1%と最も多く、以下「ほぼ毎日」が16.3%、「1週間に1回」が15.9%、「日記はつけていない」が14.6%となった。

 このほか、ブログとSNS両方の利用者を対象とした「ブログとSNSのどちらに力を入れていますか」という設問では、「ブログに力を入れている」が42.5%、「SNSに力を入れている」が28.0%、「どちらにも力を入れている」が17.5%、「どちらにもあまり力を入れていない」が11.9%となった。


ブログで公開している自身のプロフィール項目についての設問 自身をSNSに招待したユーザーについての設問

関連情報

URL
  NEC総研
  http://www.nepr.co.jp/


( 大久保有規彦 )
2006/06/15 19:39

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.