Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ビル・ゲイツ氏、Microsoft経営の一線から引退〜2008年7月より非常勤会長に


左からゲイツ氏、マンディー氏、オジー氏、バルマー氏
 米Microsoftは15日(現地時間)、ビル・ゲイツ会長兼CSA(Chief Software Architect)が2008年7月をもって同社経営の一線から退くことを明らかにした。ゲイツ氏は、今後2年をかけて自身の権限を移行する。

 同日をもって、CTO(Chief Technical Officer)であるレイ・オジー氏がCSA職を引き継ぎ、ゲイツ氏とともにソフトウェア開発の陣頭指揮に当たる。また、同じくCTOのクレイグ・マンディー氏が新たに研究開発の最高責任者であるCRSO(Chief Research and Strategy Officer)に就任する。

 ゲイツ氏は'75年にポール・アレン氏とMicrosoftを設立。'86年に会長兼CEOに就任。2000年にCEO職をスティーブ・バルマー氏に移管させた後も、ソフトウェア開発の最高責任者として指揮を執っていた。

 2008年7月以降は非常勤の会長となり、重要な開発プロジェクトにのみ助言を与え、同氏個人の慈善活動に注力する。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.microsoft.com/presspass/press/2006/jun06/06-15CorpNewsPR.mspx


( 若杉紀彦 )
2006/06/16 12:34

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.