Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「MySpace」訪問者が5,000万人突破、「YouTube」は倍増〜米comScore


 米comScoreは15日、2006年5月におけるWebサイトの利用統計をまとめた。それによると、ソーシャルネットワークサイト(SNS)「MySpace.com」の訪問者が5,000万人を超えたほか、無料動画サイト「YouTube.com」は、前月比のほぼ2倍となる1,260万人が利用しているという。

 SNSのユニーク訪問者数では、「MySpace」の5,144万人がトップで、圧倒的に多かった。以下は「Classmates」の1,479万人、「FACEBOOK」の1,406万人、「YouTube」の1,266万人と続く。そのほか、「MSN Spaces」は956万人で5位、「Yahoo! 360°」は493万人で8位だった。米comScoreのピーター・ダボールCEOは「SNS人気はしばらく衰えそうにない。この現象は、米国だけでなく世界中でも同じことがいえる」と指摘する。

 また、全てのサイトの中で最も訪問者が多かったのは、「Yahoo!」で1億3,014万人。2位は「Time Warner Network」の1億1,920万人、3位は「MSN」の1億1,890万人、4位は「Google」の1億436万人、5位は「eBay」の7,752万人と続いた。なお、SNS部門でトップだった「MySpace」は7位で、4,827万人で8位の「Amazon」や、3,148万人で12位の「Wikipedia」を上回る健闘を見せた。

 このほか、スポーツ関連のサイトにもアクセスが集中し、ワールドカップの公式サイト「fifaworldcup.yahoo.com」の訪問者は前月比2倍の78万人、NBAのプレイオフを特集する「NBA Internet Network」は前月比24%増の630万人に達した。特に「fifaworldcup.yahoo.com」は、ワールドカップが開幕した6月9日には世界中から500万人以上がアクセスしたという。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.comscore.com/press/release.asp?press=906

関連記事
世界のネット利用者は約7億人、アジア主要国が米国の利用者を超える(2006/05/08)