Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

2005年のオンラインゲーム国内市場規模は300億円、利用者は175万人


 イーシーリサーチは29日、国内オンラインゲームの市場規模とオンラインゲーム事業者および利用者に関する調査結果を発表した。2005年の国内におけるオンラインゲームの課金総売上は約300億円、課金サービスの利用者は約175万人と推計している。

 調査は、オンラインゲーム提供事業者13社を含む関連企業への取材および公表データなどをもとに、イーシーリサーチが集計・分析を行なったもの。調査期間は2006年4月1日〜5月31日。

 調査によれば、2005年の国内オンラインゲーム課金総売上は300億2,300万円(前年比28.8%増)、課金ユーザー数は174万8,000人(前年比15.5%増)と推計。1人あたりの平均利用金額は月額1,431円で、こちらも対前年で11.6%増加している。

 2005年の課金利用者のシェアは、スクウェア・エニックスが15.3%、NHN Japanが14.3%、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが12.3%など。スクウェア・エニックスとガンホー・オンライン・エンターテイメントはロールプレイングゲームの利用者、NHN Japanはポータルサイト「ハンゲーム」の利用者が多いという。

 2006年以降のオンラインゲーム市場については、オンラインゲームタイトルと非コアユーザーの増加、平均利用金額の向上によって市場規模が拡大していき、2010年には市場規模は447億円にまで成長していくと予測している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://www.ec-r.co.jp/press/pdf/20060629.pdf
  イーシーリサーチ
  http://www.ec-r.co.jp/


( 三柳英樹 )
2006/06/29 12:01

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.