Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

携帯電話やインターネットの利用度、日本は2位〜ITU調査


デジタル機会指数ランキング
 国際電気通信連合(ITU)は5日、世界情報社会報告を発表した。報告書では、携帯電話やインターネットの料金・普及率など11項目から算出した「デジタル機会指数」をまとめた。

 デジタル機会指数は180カ国で集計しており、トップは韓国で、日本は2位だった。3位はデンマーク、4位はアイスランド、5位は香港だった。2001年から2005年におけるデジタル機会指数の成長率では、インドが最も高かった。以下は中国、ロシア、ハンガリー、ペルーと続き、日本は9位だった。

 また、100kbpsあたりのブロードバンド接続料金の安さでは、日本の「Yahoo! BB」の0.07ドルが首位。2位は韓国の「Hanaro」で0.08ドル、3位はオランダの「Internet Access」の0.14ドルだった。米国は10位にランクインした「Comcast」の0.49ドルが最高位だった。

 このほか、2006年3月から5月にかけて実施したオンライン上の脅威に関する調査も発表。それによれば、64%がセキュリティ上の不安が原因で何らかのオンラインサービスを敬遠したことがあると回答。オンライン上の脅威としては、個人情報の盗難を懸念する人が26%で最も多く、僅差でウイルス攻撃の25%が2位、19%のスパイウェアが3位だった。


関連情報

URL
  World Information Society Report 2006(英文)
  http://www.itu.int/osg/spu/publications/worldinformationsociety/2006/


( 増田 覚 )
2006/07/07 13:52

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.