Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

2006年上半期は金銭を狙うトロイの木馬が急増〜Sophos調査


2006年上半期(1月〜6月)に報告が寄せられたマルウェアの集計結果
 英Sophosは5日、2006年上半期(1月〜6月)に報告が寄せられたマルウェアの集計結果を発表した。個人情報や金銭を盗むトロイの木馬が増えたことにより、新種のウイルスやワームの数が急減しているという。

 調査によれば、最も報告が多かったのは「Sober.Z」で、全体の報告数の22.4%を占めた。2位は「Netsky.P」で12.2%、3位は「Zafi.B」の8.9%と続き、トップ10はすべてワーム型ウイルスが独占した。Sober.Zは、ピーク時で13通中1通の割合でメールに添付されていたという。

 2006年上半期で発生した新種の脅威については、トロイの木馬が82%を占めた。トロイの木馬とウイルス・ワームの新種発生率は、2005年上半期では2対1だったものの、2006年上半期では4対1となり、トロイの木馬の勢力が1年間で急速に拡大したことが伺える。

 Sophosの上級技術コンサルタントのGraham Cluleyは、トップ10にランキングしたマルウェアがすべてWindowsをターゲットにしたものだったことから、「個人ユーザーがマルウェアの攻撃から身を守るには、Macに乗り換えることを検討すべきだ」としている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.sophos.com/pressoffice/news/articles/2006/07/securityreportmid2006.html


( 増田 覚 )
2006/07/07 15:51

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.