Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

迷惑メールの半数以上がフィッシング詐欺〜米MessageLabs調査結果


 米セキュリティ企業MessageLabsは2日、2006年9月と第3四半期の状況をまとめたMessageLabs Intelligence Reportを発表。フィッシング詐欺メールが、ウイルスやトロイの木馬などを含む迷惑メール全体の半数以上に占めることが明らかになった。

 同調査によると、ウイルスとトロイの木馬は順調に減少しており、89.6通のうち1通という割合まで減少している。

 スパムに関しては、全メールに占める割合が64.4%と前月8月調査に比べて0.1%減少したが、スパマーは新しい技術を導入し続けている。たとえば、最近発見されているのは「Geekスパム」と呼ばれる種類で、「.NET」「cpan」「XSS」「Java」などの技術関連キーワードを潜ませておくことにより、まじめなメールであるとスパムフィルターを錯覚させる手法だという。こうした新たな手法が次々に開発されている。

 フィッシング詐欺については、8月調査から0.27%と増加傾向にある。現在では170通に1通のメールが何らかのフィッシング詐欺と関係しているという。9月調査では、スパム、ウイルス、トロイの木馬など、すべての悪意を持つメールのうち、52.4%がフィッシング詐欺と関係しているとして、フィッシング詐欺の増加を警告している。


関連情報

URL
  米MessageLabsによるニュースリリース(英文)
  http://www.messagelabs.com/publishedcontent/publish/...



( 青木大我 taiga@scientist.com )
2006/10/03 12:47

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.