Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

MM総研調査、FTTH加入者は順調に増加。ADSLは初の減少


 MM総研は、2006年9月末時点のブロードバンド回線事業者の加入件数の調査結果を公表した。ADSL/FTTH/CATVインターネットの加入者数は2,494万件で、2005年9月末から357万件の増加となった。

 FTTHの加入者数は705万5,000件で、2006年3月末の535万件から約171万件の増加が見られた。事業者別シェアでは、1位がNTT東日本の36.9%、2位がNTT西日本の30.0%で、以下UCOMが7.8%、ケイ・オプティコムが6.4%と続いている。

 また、ADSLの加入者数は1,438万2,000件で、2006年3月末の1,445万5,000件と比較して6万3,000件減と、半期ベースで初の減少に転じた。事業者別シェアでは、1位がBBテクノロジーの35.8%、2位がNTT東日本の20.5%で、以下NTT西日本が18.4%、イー・アクセスが13.4%、アッカ・ネットワークスが8.1%と続く。

 このほか、CATVはの加入者数は350万件で、2006年3月末の335万件から15万件増となった。

 MM総研による今後の見通しについては、FTTHは今後も順調に増加し、2007年3月末には920万件、2008年3月末には1,350万件、2009年3月末には1,900万件まで拡大する見通しを示している。また、ADSLは2007年3月末には1,420万件、2008年3月末には1,350万件、2009年3月末には1,250万件に落ち込むと予測。CATVについては、堅調なもののFTTHほどの伸びは期待できないとして2007年3月末には360万件、2008年3月末には410万件、2009年3月末には440万件程度であると予測している。

 ブロードバンドサービス全体では、2007年3月末には2,700万件、2008年3月末には3,110万件、2009年3月末には3,590万件と今後も順調に伸びると予測。サービス内訳では、FTTHが急激な増加を見せるとして、2009年3月末には53%までに拡大するとしている。


関連情報

URL
  MM総研
  http://www.m2ri.jp/

関連記事
ブロードバンド加入者数が2,000万件突破、FTTHがCATVを上回る〜MM総研調査(2005/11/29)
MM総研調査、FTTHの加入者が1年間で倍増して534万件に(2006/05/31)


( 大久保有規彦 )
2006/11/16 15:36

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.