Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ネットエージェントが「Share経由の情報流出調査サービス」開始


 ネットエージェントは12日、「Share経由の情報流出調査サービス(略称:Share調査)」を開始した。ファイル交換ソフト「Share」のネットワーク上に流出したファイルを特定するほか、流出規模や該当ファイルを保持しているノードの情報などがわかるという。

 ネットエージェントによると、Shareで情報が流出したことが発覚した場合、「該当ファイルがアップロードされている状況を確認する必要があるが、これまでは不確定な確立で『ファイルがあるかどうか』しか確認できなかった」という。

 今回開始したShare調査では、同社のクローラがほぼすべてのShareノードにアクセスし、Shareユーザーの全体像を把握する。具体的には、IPアドレスとポート番号、ダウンロードしたファイル名などの情報を収集。ノードが保持しているキャッシュファイルの更新日時データをもとに、調査対象ノードのダウンロードの進行具合も察知できるとしている。

 ネットエージェントが12月に行なった調査によれば、「Winny」のノードは1日39万〜45万存在する一方で、Shareも1日10万〜15万存在。2006年になって、Share経由での深刻な情報漏洩が何件か報告されているとしている。

 なお、ネットエージェントではShare調査の開始にあたり、年末年始の期間限定・件数限定の試用キャンペーンを実施する。12月28日から2007年1月3日の間、ユーザー企業の社名を含むキーワード(3つまで)が掲載されているファイルの流通の有無を調査するもので、料金は95万円(消費税、東京23区以外の交通費は別途必要)。


関連情報

URL
  Share経由の情報流出調査サービス
  http://forensic.netagent.co.jp/share_chosa.html
  Winny/Share調査サービス開始キャンペーン(PDF)
  http://forensic.netagent.co.jp/winny_share_campaign.pdf

関連記事
Winnyノード数は4月から1割程度減る〜ネットエージェント調べ(2006/09/04)
ネットエージェントの「One Point Wall」が「Share」による通信を制限(2006/05/25)


( 永沢 茂 )
2006/12/12 12:49

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.