Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

年末年始のWinny利用は一時減少、休暇明けは平均値に戻る


 ネットエージェントは10日、ファイル交換ソフト「Winny」のノード数(2006年12月15日〜2007年1月8日)を発表した。12月に発表した数値(12月1日〜14日)に比べて、年末年始の休暇時期はノード数が一時減少したが、休暇明けには平均的な数値に戻る結果となった。

 Winnyのノードとは、Winnyを起動してP2Pネットワークに接続しているPCのことで、観測時点でWinnyを使用しているPCを示す。ネットエージェントでは同社独自の検知システムを11台稼働させることで、平日で延べ約350万台のノード情報を取得。IPアドレスなどで重複分を削除してユニークノード数を確定している。

 年末年始では、平日で29万〜37万台、土日で41万〜45万台のノード数を観測。平日は35万台前後を推移し、2006年12月に発表したノード数(平日38万台、土日44万台)と比べると、やや減少傾向が見られた。調査期間で最もノード数が多かったのは12月30日(土曜日)の45万4,947台で、最も少なかったのは12月29日(金曜日)の29万5,381台だった。

 年末年始の休暇時期は30万台を下回ることもあったが、1月4日(木曜日)には39万台に上り、「休暇明けより平均的な数値に戻った」(ネットエージェント)。同社では、「Winnyノード数からも、年末年始の帰省や旅行などユーザーの行動が推測される」としている。


Winnyノード数の推移(2006年12月15日〜2007年1月8日)

関連情報

URL
  Winnyノード数の推移
  http://www.onepointwall.jp/winny/winny-node.html

関連記事
Winny判決直後もノード数は変わらず、ネットエージェント調査(2006/12/15)


( 増田 覚 )
2007/01/10 13:24

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.