Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ヤフー井上社長、新検索広告プラットフォーム「Panama」は第1四半期に導入


 ヤフーの井上雅博代表取締役社長兼CEOは24日、新たな広告プラットフォームを2007年第1四半期(4〜6月)中に実装する計画を明らかにした。

 これは、「Panama」というコード名で開発が進められているもので、米Yahoo!では2006年第4四半期(9月〜12月)に導入されている。

 これまでのヤフーの検索広告プラットフォームは、広告キーワードを最高額で入札したスポンサーサイトが上位に表示される仕組みを採用していた。一方Panamaでは、「入札価格に応じて広告が表示されるよりも、利用者が求めている情報に近い広告が表示されるようになる」(井上社長)。これにより、利用者が広告をクリックする確率が高まり、スポンサーサイトの売上に貢献できるとしている。

【お詫びと訂正】
 記事初出時、Panamaについて、「入札価格のほかに、利用者が入力したキーワードなども反映して広告を表示する」としていましたが、正しくは「入札価格に応じて広告が表示されるよりも、利用者が求めている情報に近い広告が表示されるようになる」です。また、米Yahoo!ではPanamaを2007年1〜3月に導入するとしていましたが、正しくは2006年第4四半期(9〜12月)に導入済みです。お詫びして訂正いたします。


関連情報

URL
  Yahoo! JAPAN
  http://www.yahoo.co.jp/


( 増田 覚 )
2007/01/24 19:08

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.