Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ナショナルクライアントにも検索連動型広告を、オーバーチュア

新検索広告プラットフォームは2007年第2四半期に開始

オーバーチュア代表取締役副社長の竹尾直章氏
 オーバーチュアは16日、2007年の経営戦略説明会を開催した。同社の検索連動型広告「スポンサードサーチ」の新プラットフォームを2007年第2四半期(4〜6月)に提供を開始することなどが発表された。

 スポンサードサーチは、検索キーワードに連動した広告を検索結果と同時に表示するサービス。現在の仕組みでは、キーワードに対して最も高い金額で入札した企業の広告ほど上位に表示されているが、新プラットフォームでは、キーワードの入札価格に加えて、キーワードと広告の関連性や、広告がクリックされた回数なども加味して、掲載順位が決定する。また、検索利用者のIPアドレスやキーワードを分析して、都道府県ごとに広告を変更ことも可能だという。

 この新しい掲載順位決定方式は、米国ではYahoo!をはじめとする企業が2月5日から導入している。オーバーチュアの竹尾直章代表取締役副社長によれば、新プラットフォームを導入した大手自動車メーカーでは、広告のクリック数が19%増え、クリックスルーレートが17%伸びたという。一方で、「広告のクリック回数に対して広告主が支払う単価は26%減少した」として、広告主が効率的に顧客にアプローチできていることをアピールした。

 電通が2006年2月に発表した調査結果によれば、2005年の日本の総広告費は5兆9,625億円。このうち、検索連動型広告が占める割合は「1.5%程度」(竹尾副社長)。検索連動型広告を利用する層としては、小規模な人数でWebを活用したビジネスを手がける企業ほど多く、規模が大きい企業ほど少ないのが現状で、検索連動型広告を利用する大手企業は30%以下だという。

 こうした状況について竹尾副社長は、「国内トップ1,000社だけで2兆5,000万円の広告費があり、売上拡大の余地は大きい」と意気込む。オーバーチュアでは今後、スポンサードサーチの新プラットフォームを活用するとともに、検索連動型広告のノウハウを業種ごとに提案する体制などを強化して、ナショナルクライアントの獲得を図る。また、新プラットフォームで可能となる地域ごとの広告表示機能を生かし、地方の中堅企業も獲得する考えだ。


関連情報

URL
  オーバーチュア
  http://www.overture.co.jp/ja_JP/index.php


( 増田 覚 )
2007/02/16 17:31

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.