Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

トレンドマイクロ2007年戦略、日本独自のサービスを提供するラボ開設


エバ・チェン代表取締役社長兼CEO
 トレンドマイクロは19日、2007年度の戦略について発表した。日本における戦略の要として、日本に特化したセキュリティ対策サービスを提供する「リージョナルトレンドラボ」を開設することなどを明らかにした。

 トレンドマイクロのエバ・チェン代表取締役社長兼CEOは、PCやITが社会の一部になったことで用途が多様化し、ユーザー個々のニーズに合ったソリューションが必要であると指摘。2007年は「カスタマイズ」「パートナーとのインテグレーション」を戦略の中核にすると述べた。

 カスタマイズの必要性については、亜種やターゲット攻撃の増加による脅威の変化、機器やアプリケーションの多様化による技術の変化などを挙げ、それらすべてに適する単一のソリューションはないと説明。カスタマイズかつ拡張可能なソリューションによって対応するという。

 また、現在のWeb上の脅威に対し、トレンドマイクロでは、アクセス先のサイトの信頼性を調べる「レピュテーション」、サイトの内容を調べる「スキャニング」、ふるまい検知を行なう「ビヘイビア分析」、感染した際の「修復」といった4つのレイヤーを用意する。チェン氏は、「この4つを統合して提供するのはトレンドマイクロだけ」と強調した。

 さらに、4つのレイヤーを持ってしても、地域の特性を理解していなければ、個々のユーザーに対応することはできないとし、日本において「リージョナルトレンドラボ」を設置すると述べた。リージョナルトレンドラボでは、地域特化型の脅威に関する情報収集や研究を行ない、攻撃に対して迅速に処置できる体勢を確立する。このほか、パートナー企業との提携により、トレンドマイクロ製品と他社ソリューションを統合。「ウイルスバスター コーポレートエディション」と他社製品のと連携を図ることで、さまざなま分野、ユーザー、用途に対応する。


インターネットセキュリティの変化 4レイヤーでのセキュリティ対策

日本に特化したセキュリティサービスを国内で開発・提供

大三川彰彦日本代表
 トレンドマイクロの大三川彰彦日本代表は、日本向けのサービスについて具体的に説明した。日本に密着したセキュリティサービスを実現するための施設「リージョナルトレンドラボ」、セキュリティ技術を多様なパートナー企業に提供する「パートナー企業との一体化」を戦略の2本柱として挙げた。

 リージョナルトレンドラボでは、日本に特化したWeb上の脅威を収集・研究するほか、国内の企業などをターゲットにした攻撃へ迅速に対応できる環境を作る。すでに、1月から組織化および設立準備を進めており、2月にはトレンドマイクロの新宿オフィスにオペレーションセンターを開設、5月にサービスを開始する。スタッフは15〜20名程度だという。

 当初のサービスとしては、プレミアムサポート顧客に対して、特に緊急を要する場合に配信するバンデージパターンを提供する。2008年上半期には、プレミアムサポート顧客以外へもリージョンパターンを提供する予定。リージョンパターンでは、日本独自のパターンファイルを迅速に提供するという。このほか、新たな脅威に関する研究と最新の対策について、日本市場へのタイムリーな紹介や、日本の各種機関などと協力したセキュリティ対策活動を行なう。

 なお、トレンドマイクロは、世界的なウイルス解析・サポートセンター「Trend Labs」をフィリピンに開設している。今後、Trend Labsでは、ジェネリックやヒューリスティックなど、新たなウイルス検知エンジン(コアテクノロジー)の開発に注力し、加えて、レピュテーションやURLフィルタなど、多重ディフェンスのサービスを強化する。リージョナルトレンドラボでは、Trend Labsが有するパターンファイル作成技術なども順次導入するという。

 また、パートナー企業との一体化では、トレンドマイクロが持つセキュリティ対策技術を、他社製品と組み合わせることで、さまざまな分野に対応できるセキュリティソリューションとして提供する。すでに、企業向けサービスとして、NECのセキュリティ対策ソフト「InfoCage」や、大塚商会の「セキュリティワンコインサービス」などにウイルスバスター コーポレートエディションが採用されているが、今後は、携帯電話や工作機械など、PC以外にもセキュリティ技術を提供していくという。

 大三川氏は、「これまでも、Trend Labsからスタッフを招き、日本地域でのコーディネートを行なう『トレンドラボ Japan』を10名弱で運営していた」と話す。ただし、緊急時のバンデージパターンを作成するまではしておらず、フィリピンとのやりとりにも時間差が生じていたという。「今後は、Trend Labsの機能も日本に持ってきて、独自のセキュリティサービスを提供していく。また、日本から世界的なセキュリティ対策エキスパートを輩出できるような、人材育成の場にもしていきたい」と述べた。


トレンドラボ Japanからリージョナルトレンドラボへ リージョナルトレンドラボの活動内容

パートナー企業とともに多様なソリューションを提供 トレンドマイクロ2007年の戦略のまとめ

関連情報

URL
  トレンドマイクロ
  http://www.trendmicro.co.jp/

関連記事
「ウイルスバスター2007」のVista対応版、1月30日に発売(2007/01/22)
2006年はウイルス感染被害が倍増、金銭目的が顕著に〜トレンドマイクロ(2006/12/21)
トレンドマイクロ、2006年度の戦略を発表〜Windows OneCareの影響は軽微(2006/02/10)


( 野津 誠 )
2007/02/19 17:40

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.