Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

YouTubeに関する利用実態調査、違法投稿の問題なしとの考え8割弱


YouTubeの視聴・認知状況(N=2186)上、YouTubeの認知経路(N=807)下
 メディアインタラクティブは20日、「YouTubeに関する利用実態調査」の結果を発表した。視聴するコンテンツは日本のテレビ番組が全体の6割以上で、視聴経験者のうち8割弱は違法投稿などの問題はないと考えていることがわかった。

 調査は、メディアインタラクティブが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のモニターに対し、オンラインアンケートを実施。期間は2月1日から2日で、18歳以上の男女2,186名から回答を得た。

 調査結果によると、YouTubeの視聴経験者は全体の36.9%で、「名前や内容は知っているが視聴したことはない」の11.1%を加えると、認知率は48%に達する。認知経路は、「友人・知人・家族などから聞いた」が21.2%で最も多く、さらに、YouTubeのことを「人に教えたり話題にしたことがある」は69.8%に上ることから、口コミでの話題性が高いといえる。


視聴しているコンテンツ(N=807)上段複数回答、下段単数回答
 YouTubeで視聴しているコンテンツを複数回答で尋ねたところ、「日本のテレビ番組」が62.7%で最も多い。次に、「ホームビデオなどで撮られた一般の人からの作品」50.1%、「日本の音楽プロモーションビデオ」35.6%など。これらは、単数回答でも同様の順番となった。

 YouTubeの魅力については、「一般の人からの作品が視聴できること」が41.1%でトップ。次に、「日本のテレビ番組やCMが視聴できること」36.9%、「見逃したテレビ番組が視聴できること」33.6%などが多く挙げられた。

 YouTubeに対する考えでは、「個人が楽しむ分には問題ないサイトだと思う」が70.9%を占め、「特に問題のないサイトだと思う」の6.3%を加えると、8割弱のユーザーが違法投稿などの問題はないと考えている。一方、「著作権侵害など問題のあるサイトだと思う」は18.2%にとどまった。

 このほか、YouTubeの内容は知っているが視聴経験のない人に対して、視聴しない理由を尋ねたところ、「特に理由はない」30.9%以外では、「英語表記のサイトなので」30.5%、「作品数が多すぎて自分のみたいコンテンツが見つけづらいため」18.9%などが多かった。中には、「著作権侵害が指摘されているサイトなので」との回答も12.3%あった。


YouTubeに対する考え(N=807)

関連情報

URL
  アイリサーチ
  http://www.i-research.jp/
  YouTube(英文)
  http://www.youtube.com/

関連記事
YouTube幹部とJASRACなど23団体が協議、違法投稿について議論(2007/02/06)
違法コピー映像の閲覧「抵抗なし」が4割〜動画共有サイトの実態調査(2006/10/18)


( 野津 誠 )
2007/02/20 20:40

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.