Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

マイボイスコム調査、音楽ダウンロード経験割合は57%と未経験を上回る


音楽ダウンロードサービスの利用経験
 マイボイスコムは、2007年1月に実施した「音楽ダウンロードの利用に関する調査」の第3回調査結果を公表した。

 同調査は、2007年1月1日から5日にかけて、マイボイスの「MyVoice」に登録するユーザーを対象に実施したもの。アンケートはWeb形式で実施され、有効回答者数は10,295名。男女比は、男性が46%、女性が54%。年代比は、10代が2%、20代が19%、30代が40%、40代が26%、50代以上が13%。

 音楽ダウンロードサービスの利用経験は(複数回答方式)、「パソコンでの無料ダウンロード」が35.1%、「有料ダウンロード」が18.9%で、「携帯電話の無料」が21.9%、「有料」が20.6%。一方、ダウンロード経験がない割合は42.3%と最も多いものの、未経験と無回答(0.5%)を差し引いた利用経験は前回調査(2005年12月実施)の48.5%から8.7ポイント増加して、57.2%と未経験割合を上回った。

 サービス経験者を対象にした、ダウンロードサービスを選ぶ際の重視点に関する質問では(複数回答方式)、「楽曲の検索」が50.6%と1位。第2位以降は「最新楽曲の充実」が40.9%、「幅広いジャンルの曲が充実」が40.2%、「無料ダウンロード楽曲の充実」が39.8%、「試聴の充実」が34.7%と僅差で続いている。

 今後の利用意向については、「利用したい」が17.6%、「やや利用したい」が29.0%で、46.6%が利用意向を示す。第1回では39.7%、第2回では44%だったことから、徐々に利用意向が拡大していることが伺える。また、回答者コメントにある「おすすめダウンロードサイト」の得票数は、「iTunes」が244票、「mora」が101票、「楽天ダウンロード」が64票と続いた。

 音楽CDやDVD、レンタル、ダウンロード購入など、1カ月で音楽に使う金額は「0円」が50.6%と最も多い。支出が発生している中で最も多いのは「500円未満」の23.0%で、「500円〜1,000円未満」が12.4%、「1,000円〜3,000円未満」が10.0%、「3,000円〜1万円未満」が3.5%、「1万円以上」が0.4%と、金額が多くなるにつれて割合が低くなっている。

 音楽を聴く場合に利用する機器(複数回答方式)は、「パソコン」が48.6%、「ステレオ・コンポ」が48.1%と、ほぼ同数の回答があった。また、「デジタルオーディオプレーヤー」は27.8%と前回調査から8.1ポイント増加した一方で、「その他ポータブルオーディオプレーヤー」が8.8ポイント減の26.7%と、持ち運び可能な機器でも利用割合がほぼ同数という結果になった。


音楽ダウンロードサービスの利用意向 音楽を聴くときに利用する機器割合

関連情報

URL
  音楽ダウンロードの利用に関する第3回調査結果
  http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/10210/index.html

関連記事
マイボイスコム調査、約5割のユーザーが音楽ダウンロードを未経験(2005/12/01)


( 村松健至 )
2007/02/22 16:14

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.