Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

有害サイトを見たことがある子供が45.3%、ヤフー調査


 ヤフーは20日、小学4年生〜高校生の子供を持つ保護者を対象にしたアンケート調査の結果を公表した。45.3%の子供が有害サイトを見たことがあると回答している一方、フィルタリングサービスの利用率は16.1%にとどまった。

 ヤフーでは、「Yahoo!リサーチ・モニター」のうち小学4年生〜高校生の子供を持つ保護者を対象に、有害サイトやフィルタリングサービスに関するアンケート調査をWeb上で実施。調査期間は2月9日〜2月13日で、31,962人から回答を得た。

 調査によると、45.3%の子供が「見たくない、目にしたくないサイトを見たことがある」と答えている一方で、「子供がそうしたサイトを閲覧したことがあると思う」と回答した保護者は31.6%で、保護者の認識と実際の子供の経験との間にズレが見られる。また、フィルタリングサービスやフィルタリングソフトについても、「現在利用している」という回答は16.1%にとどまっている。

 フィルタリングサービスを利用していない理由としては、1位「子供がインターネットを利用するときには保護者が近くにいるから」、2位「どのフィルタリングサービス/ソフトが良いかわからないから」、3位「自分の子供は有害なサイトを見ていないから」などが挙げられている。

 ヤフーでは、有害サイトをブロックするフィルタリングサービス「Yahoo!あんしんねっと」の無料提供を1月29日から開始しており、子供が安心して使えるインターネット環境の普及を目指すとしている。


関連情報

URL
  Yahoo!あんしんねっと
  http://anshin.yahoo.co.jp/

関連記事
ヤフー、Webフィルタリングサービスを無償提供(2007/01/29)


( 三柳英樹 )
2007/03/20 18:24

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.