Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「YouTube」の国内利用者が1,000万人を突破

ネットレイティングス調査史上最速

YouTube利用者数、ページビュー数の推移
 ネットレイティングスは22日、2007年2月度のインターネット利用動向調査結果を公表した。それによると、動画共有サイト「YouTube」の家庭(日本国内)からの利用者が1,017万人に達したことがわかった。

 2007年2月時点で利用者が1,000万人を超えるドメインは、「yahoo.co.jp」や「rakuten.co.jp」などのポータルサイト、ECサイトなど18サイトで、YouTubeが1,000万人を突破したのは初めてだという。また、ページビュー数も約6億2,500万PVで前月の最高値を更新。1人あたりの平均利用時間も1時間15分となった。

 「YouTube利用者数、ページビュー数の推移」グラフを見ると、YouTubeが2005年12月に正式公開され、2006年夏頃まで急速に利用者数、ページビュー数が伸びた後、秋頃にやや伸び悩む時期もあったが、12月より増加に勢いがつき、2007年2月(正式公開後14カ月)に1,000万人台に達した。ネットレイティングスが2000年に視聴率調査を開始して以降、利用者1,000万人到達への最速記録になるという。

 ネットレイティングスの萩原雅之代表取締役社長兼チーフアナリストは、「YouTubeブランドは、昨今のニュース報道等で多くの人の認知を得るところとなったが、トップページの利用者はYouTube全訪問者数の2割程度にとどまる」と説明する。これは、ブログやSNSの日記、コミュニティなどでユーザーがYouTubeの個別動画ページのURLを貼り付け、紹介しているためだという。萩原氏は、「YouTubeの記録的な急成長は、CGMの誘導力の強さを証明している」とコメントしている。


主要サイトの1,000万人到達までの所要月数

関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.netratings.co.jp/New_news/News03222007.htm

関連記事
YouTubeの訪問者が1週間で75%増加、米Nielsen//NetRatings調査(2006/07/24)
動画共有サイト利用者は約3割、約6割がYouTubeを利用〜gooリサーチ(2006/08/30)


( 野津 誠 )
2007/03/22 13:10

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.